トップページ

    このサイトではマイクロバスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「マイクロバスの買取相場を調べて高額買取してくれる専門店に売りたい。」と考えている場合はこのページで紹介しているオススメの車買取店で調べてみてください。

    マイクロバスを高額買取してもらうために大事なことは「複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか近隣のディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするのでやめておきましょう。

    中古車一括査定サイトなら入力も2~3分で終わるので時間がかかりません。複数の車買取業者からの査定額を比較することができるので、マイクロバス(micro bus)の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    トラック買取.com

     トラック買取.comは、トラックやマイクロバスの買取相場を調べられる商業車両の無料査定サイト。
    他社の買取見積書を持っている場合は、その金額よりも高くマイクロバスを買い取ってもらえます。

    しかも、ネットの買取査定サービスにありがちな「しつこい営業電話」もありません。「断りにくい状況を作りません。」と宣言している買取業者なので、安心してマイクロバスの無料査定に申し込めます。

    もちろん、全国の出張買取に対応していて利用は無料。離島でも山間部でも完全に無料です。

    即日の現金買取にも対応していますし、台数も金額も無制限です。
    「まとめてマイクロバスを何台も売りたい」という場合でも、その場で現金支払いをしてもらえます。






    トラック一括査定王

     トラック一括査定王は、1分もかからない簡単入力でマイクロバスの買取相場が分かる無料の一括査定サイト。
    複数の業者と提携してして、厳選5社にマイクロバスの買取査定を依頼できます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで買取金額の違いや相性を比較することができるので、複数業者に査定依頼をして長い距離を走ったマイクロバスを1円でも高く売りましょう。

    「いくつもの買取業者に買取査定をお願いすると断るのが大変で…」という場合でも、業者へのお断り代行サービスをしていますので、安心して利用してみてください。






    トラック王国

     トラック王国は、長年の実績を持つ老舗の中古トラック買取業者。
    中古トラックやマイクロバス、重機の現車確認や試乗ができる展示場が全国5ヵ所にあり、中古トラックの販売サービスも行っているので、独自の販売ルートを持っています。

    その為、他社よりもマイクロバスを高く売れる可能性があります。
    テレビCMやラジオ、雑誌などでも宣伝しているので知名度も抜群で全国への出張査定も無料。

    商業車によくある低年式や過走行車、廃車寸前の状態でも独自の販売ルートがあるため、高額買取が可能です。
    看板消しやレッカー移動も無料ですし、「20万キロ以上走っているマイクロバスを買い取って欲しい」という場合でも査定依頼ができます。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーと言うくらい有名なので安心して使えます。
    提携業者も1000社以上と圧倒的な加盟数!最大で50社にマイクロバスの買取査定依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、全国対応で利用は無料。

    「できるだけ高く売りたいからマイクロバスの買取相場をチェックしたいけど、営業電話は受けたくない…」と思っているならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、全国利用者数ナンバー1の車一括査定サービス。1分もあれば十分に入力が完了しますし、入力完了後すぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に数年落ちのマイクロバスの買取相場が知りたい」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査をクリアした優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、いくつかの買取業者に査定の依頼をすることで数年落ちのマイクロバスでも高く売ることができます。

    約10社の買取業者がマイクロバスを査定してくれるので、高額査定をしてくれた買取業者に。あなたが大切に乗ってきたマイクロバスを売却しましょう。







    自分で中古車の買取業者まで出向く時間がないときなどは、大抵の会社では、出張による査定見積もりを受けることが可能です。

    自動車査定スタッフが実際の車の在る場所まで出向いて査定をしてくれて、結果を導き出す方法です。

    この出張査定は同時に何社かの査定スタッフに出向いてもらうことも可能です。

    同時にたくさんのスタッフに依頼すれば時間の節約にもなるでしょうし、同時に呼ばれた査定士間で自然に価格競争が起きてきますのでその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

    近頃、中古車販売の大手において大衆向けの中古車査定アプリを考案してリリースしていますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、査定対象車の過去において修理したことがあったかどうかが一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを「相見積もり」といいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に現実的に車を見積もってもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    査定に訪れた業者から高額査定を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、こちらとしては然るべき金額であれば即決する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    業者も商品の引取日がわかれば引取後の販売日程が明確になりますから、提示価格への上乗せを求めても円滑に進められます。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと訪問査定をしてくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、言われているようなことは現在ではまずありえないです。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、雨の日や曇天なども薄暗いので不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。

    10万キロ以上走った車というのは、いわゆる過走行車という扱いになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    値段がつかないという点では、事故車も同様です。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、多(過)走行車や事故車を専門に扱う業者に相談するという手があります。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    車を買い換える際に古い車はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    同じところで購入も売却も済ませられるので、買取業者を利用するのにくらべるとスピーディーかつ手軽に車の処分ができます。

    とはいえ、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、下取り価格は業者買取価格より安くなるという事実があることは忘れてはいけません。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら中古車買取業者に依頼する方が良いのは言うまでもありません。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    最初にウェブから査定を依頼し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取業者による現物査定が行われ、最終的な買取額が算定されます。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、移転登録等の手続きが終わってから業者から売却代の振込があるのが普通です。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    どんなに親しい間柄だったとしても、支払い方法や車の売却金額、名義変更の期日など、重要項目については書き残しておくと良いでしょう。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、いい加減な気持ちで売買するのはやめるべきです。